セントレア第2ターミナル「フライトオブドリームズ」を解説!

こんにちは、とんねぎチャンネルのとんかつとねぎとろです。

とんかつ
とんかつ

東海地方に住んでいる私たちの玄関口といえば中部国際空港「セントレア」です。

皆さんはセントレアの第2ターミナルには訪れたことありますか?第2ターミナル内にある「フライトオブドリームズ」には飛行機に乗らない方も楽しめるスポットが沢山あるんです!
今回はセントレア第2ターミナルの「フライトオブドリームズ」内にあるフードコートとフライトパークについて紹介します!

こんな人にオススメ

・セントレア第2ターミナルへ行く予定がある
・フライトオブドリームズの食事が気になる
・フライトパークへ行ってみたい

セントレアとは?

セントレア(正式名称:中部国際空港)とは、愛知県常滑市にある東海地方で最も主要な空港です。
東海地方の空の玄関口として、国内線と国際線が毎日たくさん就航しています。

注意

現在、新型コロナウイルスの影響で就航数が減少しています。最新の情報は中部国際空港セントレア公式ホームページをご確認ください。

第2ターミナルとは?

セントレアの第2ターミナルは2019年9月にオープンしました。主にLCCの離発着に利用されています。
そんな第2ターミナルに隣接しているいるのが「フライトオブドリームズ」です。

フライトオブドリームズとは?

フライトオブドリームズは、ボーイング787初号機の展示をメインとした複合商業施設で、2018年12月にオープンしました。
飛行機の間近でシアトルで人気のグルメやショッピングが楽しめます。

  • フライトパーク
  • フライトシミュレーター
  • シアトルテラス
  • ボーイングストア

特に「フライトパーク」は2021年12月23日にリニューアルオープン!
従来とはだいぶテイストが変わったようで、行くのをとても楽しみにしていました。

フライトオブドリームズへのアクセス方法

中部国際空港駅に到着したら、改札を出て右に曲がると第1ターミナルに到着することが多くの方がご存じだと思います。
第2ターミナルへは改札を左に曲がります。Wi-Fi貸出コーナーを抜けて右に曲がると、動く歩道があります。この動く歩道の距離が結構長くて不安になると思いますが、しばらく進むと右手に「フライトオブドリームズ」の入口が見えます。

ねぎとろ
ねぎとろ

思った以上に遠いので時間に余裕を持って行動してくださいね!

ボーイングストア

こちらはなんと、米国外初出店のオフィシャルボーイングストアなんだそう。
アメリカから直輸入されたボーイングのグッズは大人はもちろん、子供も喜ぶこと間違いなしです!

シアトルテラス

ボーイング創業の街、シアトルをテーマとしたエリアです。こちらはレストランとフードコートになっていて、飛行機の間近でシアトル本場の人気メニューを食べることができます。


私たちが訪れた日はレストランは1店舗しか営業していなかったので、今回はシアトルテラス内のフードコートについて紹介していきます!

注意

新型コロナウイルスの影響で休業しているお店があります。今回紹介するのは2022年5月に営業していた店舗になります。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

Ethan Stowell PIZZA & PASTA

こちらのお店はイタリアンのお店になります。
シアトルを代表するイタリアンシェフ、イーサン・ストゥウェル氏が手がけたイタリアンはどれも絶品。ピザを注文されている人が多かったです。

FUJIYAMA GO★GO SEATTLE RAMEN STAND

「フジヤマ55」というラーメン屋はご存じでしょうか?東海地方ですとmozoワンダーシティ内に店舗があるので(2022年5月現在)、馴染みのある方も多いと思います。
この店舗には名物のつけ麺は置いてなく、シアトルでインスピレーションを得た独創的なラーメンメニューが並んでいます。フジヤマ55を食べたことがある方もぜひ一度食べてみてはいかがでしょうか?

SEATTLE FISH MARKET

ここのお店が一番行列ができているように感じました。
こちらはフィッシュ&チップスのお店になります。定番の白身魚だけでなくシアトル名産のサーモンをカリッと揚げたフィッシュ&チップスもありますよ。

Beecher’s Handmade Cheese

アメリカでも人気の熱々のマカロニにチーズをからめた「マック&チーズ」やオムレットが楽しめるお店です。
オムレットはフルーツとホイップクリームたっぷりの甘い系のものはもちろん、食事として食べられるしょっぱい系のものもありますので、用途を選ばず利用することができます。

ADVENTURE CURRY

デミグラスのまろやかさとコクを感じる欧風カレーと、シェフこだわりのスパイスを使用したスパイスカレーが人気のお店です。お子様セットは飛行機のお皿に盛られていて、見た目の可愛さから多くの方が注文されていました。

飛行機の間近で食事が楽しめる!

シアトルテラスでは、ボーイング787を眺めながら食事ができます!
オススメの場所はフードコートエリア北側の写真の部分、飛行機の頭が見える場所です。近くが軽食の店舗だからなのか、昼の時間帯になっても割と空いていました。
体感としては南へ行くほど席が混んでいる印象でした。

フライトパーク

フライトオブドリームズ1階の「フライトパーク」が楽しく遊びながら航空や空港に触れていただける無料エリアとして2021年12月23日にリニューアルしました。


フライトパークの中には、

  1. 映像やパネル等で航空や空港について楽しく学べる「展示エリア」
  2. 遊具が設置され本物の飛行機の迫力を間近で感じながら遊べる「キッズエリア」

の2つのエリアがあります。
それでは順番に紹介していきます♪

展示エリア

先ほども紹介した日本最大サイズのボーイング787をさらに間近で見学できます。他にもパネルや映像、実物展示を通じてボーイング787や飛行機の仕組み、空港の概要や航空に関するお仕事について紹介しています。

コックピットの見学は無料になりますが、定員があるため並ぶ必要があります。
この日は待ち時間30分ほどで中に入ることができました。

コックピットは迫力満点です!

エンジンもこんなに間近で見ることができます。
とても大きくて吸い込まれてしまいそう!

外にはレゴブロックで作られたセントレアと飛行機!本物そっくりで見ごたえがあります。

キッズエリア

0歳~12歳の対象の遊具がたくさん設置されています。本物の飛行機の間近で元気いっぱい遊べます。
屋内型で天候に左右されないのも嬉しいですね。

乳幼児向けのコーナーは、お絵かきボードやマグネットボード、滑り台等遊びの要素がたくさんあります。娘もお絵かきを楽しみました。

手こぎ・足こぎの乗り物に乗って、飛行機になった気分でサーキットを楽しめます。動きも簡単なので小さなお子さんでも大丈夫ですよ!

大型ネット遊具「もくもクラウド」

キッズエリアは基本無料なのですが、一部有料の施設もあります。
こちらの「もくもクラウド」が子供向けの有料施設となっています。

  • 有料:300円/回、500円/日
  • 対象年齢:3歳~12歳
  • 保護者(原則1名)無料

トランポリンやスライダーもあって長時間楽しめるため、料金を払う価値があると思います♪
安全のため、手荷物は写真の荷物置きに入れないといけなかったので内部の写真が取れませんでした…。ぜひみなさんの目で見て、楽しんでいただきたい施設です!

YouTubeでは食事の様子も配信中!

YouTube「とんねぎチャンネル」ではセントレア第2ターミナルの様子を公開中です!
とんねぎ家はどのお店の食事を食べたのでしょうか?ボーインク787の機内はどうなっているのか?
第1ターミナルの様子も少しだけ公開していますのでそちらもぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

リニューアルしたセントレア第2ターミナル「フライトオブドリームズ」は子供から大人まで楽しめる施設であるという事が分かりました!食事もフードコートがメインなので安価ですし、フライトパークも無料でこれだけ楽しめるのは嬉しいですね。空港に用事がある場合はもちろん、これだけの為に行くのもアリだと思えるクオリティーです。

とんねぎチャンネル(ブログ版)ではこれからも東海地方を中心とした情報を発信していきます!
この投稿が皆さんの参考になると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です